マイセン「波の戯れフェア」〜春のブランチテーブル〜

陽射しが春めいてきましたね。
穏やかな週末、皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

昨年に続き、今年も会社からのお仕事で阪急うめだ本店 7階リビングフロア マイセンショップさまでテーブルコーディネート展示をさせていただいています。

マイセンショップでは4月30日まで「波の戯れ」ホワイトシリーズのフェアを開催中。
同シリーズのアイテムで、ビタミンカラーのブランチテーブルをコーディネートしました。

マイセン2017.3月_5

「波の戯れ」シリーズは水面のさざ波や花の蕾をモチーフにしたフォルム。優雅なイメージですが、実はカジュアルなコーディネートにもピッタリ。美しい白磁は簡単なブランチメニューでも見栄え良く決まります。ぜひ気軽に日常使いしていただきたいアイテムです。

マイセン2017.3月
マグにはたっぷりのスープやカフェオレ、写真のように小さなディッシュをソーサー代わりに重ねてヨーグルトやデザートにも。手前のプラターと重ねてワンプレートにしてもいいですね。

マイセン2017.3月_2
波の戯れシリーズのタンブラーを花器代わりに庭のお花を挿して。
このタンブラー、日本茶もよく似合います。

オレンジのランナーに重ねているのはキッチンクロス。元気の出る暖色系のビタミンカラーで、春の一日が始まります。

会期中はお得なセットもたくさん!写真のマグ&プラターやサラダディッシュもお買い得なセット価格で販売されています。今は存在感のあるスープチューリンもテーブルに展示されています。梅田へお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。


.......................................................................................
◆和包み講座〜寿ぎを包む〜◆
 日時:2017年3月25日(土) 13:30~15:00
 会場:兵庫県立舞子公園内 旧木下家住宅(神戸市垂水区)
お祝いの金封を作ります
 詳細はこちらをご覧ください → ★ 
.........................................................................................

最後までお読み頂きありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
関連記事

テーブルウェアに水引

二十四節気は「雨水」
山や里に積もった雪も溶けて田畑を潤します。大地が目覚めゆっくりと春に向かって動き始めました。昔から農耕準備を始める時期の目安でもあったそうです。
三寒四温を繰り返しながら、春が近づいているのを感じます。

さて、『水引』が大好きな私は、日常生活の中でもよく使います。
和紙の包みにはもちろん、リボン代わりにラッピングに使ったり、テーブルコーディネートにも。ナプキンリングの代わりに結んだり、水引飾りで箸置きを作ったり、時にはテーブルウェアに巻き巻きしたり。

ココにちょっと色があったらいいのに…、と思う時、水引はとっても便利。

例えばこんな風に
テーブルウェアに水引4

シャンパングラスのステムや菓子切りに。
菓子切りには赤い水引をアクセントに、グラスには黒と赤の水引を巻いて。

ちなみに、お菓子は大好きな「ドライフルーツ羊羹」、久しぶりにいただいてご機嫌さん!笑
スパークリングワインと一緒にいただきました♡

テーブルウェアに水引3

ちょっとアクセントが欲しい時、水引は細いのにとっても効果的。
お箸やカトラリーに巻いても素敵ですね。



昨年のうめだ阪急のイベントでテーブル展示させていただいた時にも、ピックの飾りに巻き巻きしました。
ピックに水引

お菓子の口を結んだり
お菓子に水引






テーブルウェアに水引
日本の伝統工芸品「水引」を普段の暮らしに。
気軽に取り入れて楽しみましょう!
「水引」ファン仲間がたくさん増えますように♡

.......................................................................................
◆和包み講座〜寿ぎを包む〜◆
 日時:2017年3月25日(土) 13:30~15:00
 会場:兵庫県立舞子公園内 旧木下家住宅(神戸市垂水区)
お祝いの金封を作ります
 詳細はこちらをご覧ください → ★ 
.........................................................................................


最後までお読み頂きありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
関連記事

和chocolateを日本茶と

今日はヴァレンタイン・デー
たくさ〜んのチョコレートがみんなのココロを温かくしているんだろうなぁ♡

男女を問わず、日頃の感謝や親愛の気持ちを込めて。
自分自身へのご褒美にも♪

半世紀以上前に、チョコレートの販売促進のために日本で始まったキャンペーン。元々欧米では恋文から始まり、バレンタインカードを贈るのが習慣だったのに、言葉を口にせずとも贈りもので気持ちを伝えることが出来るのは、日本人らしい発想かも。
チョコレートで「好きです」や「ありがとう」の気持ちが伝わるなんて素敵ですね♡

和のチョコレートをいただいたので日本茶でお茶時間。
DropShadow ~ sP2145945

京都辻利の抹茶とほうじ茶のチョコレート。
DropShadow ~ sP2145912


ちょっと贈りもの風に蓋ものの器に入れてみました。
DropShadow ~ sP2145940



チョコに込められたメッセージもありがた〜く感じながら、かな文字がたくさん散りばめられたお懐紙を添えて。
DropShadow ~ sP2145956



皆さまは、どんなチョコレートに想いをのせて、大好きな人たちへ贈られましたか?

今日、ダンナさんが帰ってきたら、小さな小さなチョコレートに(笑)いっぱいの感謝の気持ちを託して…、いやいやちゃんと言葉にして渡したいと思います♡


.......................................................................................
◆和包み講座〜寿ぎを包む〜◆
 日時:2017年3月25日(土) 13:30~15:00
 会場:兵庫県立舞子公園内 旧木下家住宅(神戸市垂水区)
お祝いの金封を作ります
 詳細はこちらをご覧ください → ★ 
.........................................................................................

最後までお読み頂きありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
関連記事
2017-02-14 | Trackback(0) | お茶の時間

和包み講座〜寿ぎを包む〜開催します

「立春」になりました。
二十四節気で一番最初の節気。いよいよ暦の上では春ですね。
そして旧暦の二月八日は農耕行事などの人の営みが始まる「事始め」だそうです。
今年の目標をまだ立てていない方!まだ間に合いますよ〜(笑)
心新たに、何かを始めるのもいいかもしれませんね。


さて、今年最初の和包み講座のご案内です。

「 和包み講座 〜寿ぎを包む〜 」

DropShadow ~ sP2055906

「婚礼の祝い包み」
今は、慶び事があるとお店に祝儀袋を買いに行きますが、昔は自分の手で包んでいました。
白い和紙を広げ、相手のことを想いながら一折り一折り丁寧に、気持ちを込めて包みます。包んでいるその時間も相手さまへの贈りものです。

.................................................................................
「和包み講座 〜寿ぎを包む〜」

◆日時:2017年3月25日(土)13:30~15:00
◆会場:神戸舞子公園内 旧木下家住宅
◆参加費:2,500円(材料費、お茶菓子代込み、入館料別100円 )
◆定員:12名
.................................................................................

問い合わせ、お申し込み
   旧木下家住宅  Tel:078-787−2050 
   開館時間 午前10時~午後4時(月曜休館) 


DropShadow ~ sP2055899

包みの和紙は一見しぼのある檀紙にも見えますが、違います。
今回は少し光沢感のある和紙と明るい色目の金銀水引を使ってアレンジ。
真っ白い和紙で包むのは基本ですが、親しいお友達や身内であれば、贈る相手の好みに合わせてアレンジしたカジュアルな包みも有りだと思います。

水引はあわじ結び。関西方面では婚礼だけでなく一般的お祝い事にも使われますが、今回は全国的に使われる一般的なお祝いの結びも合わせてご紹介します。

お祝いの包み。既成のものではなく、自分でさっと包めたら素敵ですね。

皆さまのご参加をお待ちしています。


最後までお読み頂きありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
関連記事
2017-02-05 | Trackback(0) | お知らせ

雪氷のかさね色

二十四節気は「大寒」
一年で一番寒さの厳しい季節。
各地で雪の舞い降る日が続いていますね。
大雪に見舞われた地域もあるようです。お怪我などないようにご注意ください。

冬の景色は色味が少ないですが、よく見ると微妙な色のグラデーションでそれもまた美しく感じます。

目の前に広がったうっすらとした雪景色を見て、思わず白い和紙を手にしました。

DropShadow ~ sP1245865

雪と、うっすらと張った氷と、それらに陽の光が当たってキラキラと輝いて見える様子を和紙と水引で。

この季節は水も清らかで味噌や醤油やお酒など発酵食品の寒仕込みが行われます。
美しい白い和紙が作られるのにも、冬の寒さは欠かせません。

寒いのは本当に苦手なんだけど…、でも、日本に四季があり、この寒い冬があるおかげで世界に誇れる日本の伝統食や工芸品がたくさん生まれてきたのですね。

まだまだ厳しい寒さが続きますが、お風邪など召されませんように暖かくお過ごし下さい。
冬ならではの景色や美味しいものも愉しみましょう!




最後までお読み頂きありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
関連記事
2017-01-24 | Trackback(0) | 和文化

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム