水引のお正月飾り

ご無沙汰しています。
日に日に寒さが増してきました。
先週暖かかっただけに寒さが身に沁みますね。
皆さま、お風邪など召されていませんでしょうか。

阪急さんへの商品納品を終え、講座もようやくひと段落。
ご紹介したいことが溜まっているので少しずつアップ出来たらと思います。

お正月アイテムのご紹介が続いていますが、お付き合いください。

こちらは先日納品した水引の正月掛け飾り。
水引正月かけ飾りwanokoto

今回は45cmほどの小さいサイズをご用意しました。
玄関やお部屋の小さなスペースにも気軽に飾っていただけます。
家族円満を願う金の輪に紅白の水引。清浄の白い紙垂を添えて。

水引正月かけ飾りwanokoto2

上部には清楚で華やかな白梅の飾りを。
この飾りはお好みで取り外しができるようになっています。
円と直線のみのスッキリが好きな方は外してお使いいただくことも可能です。
生の譲葉や裏白などと組み合わせても素敵だと思います。

こちらは、ボトル飾り。前の記事でご紹介したものと違うデザインです。
水引ボトル飾り梅竹wanokoto

金の水引結びに紅梅と竹を組み合わせて。
ボトルの首に金の水引の襟がついたような華やかな飾りです。
日本酒やワインボトル、細めの口のデキャンタにも。
そのままかけ飾りにしたり、ナプキンリングにも使えます。
1つあるだけで、迎春の食卓が華やぐアイテムです。

12月に入り、お正月アイテム売り場もますます賑わっているようです。
梅田へお出かけの際は、ぜひうめだ阪急リビングフロアも覗いてみてくださいね。

関西以外のご遠方の方からも、阪急さんへ行けないのでとお問い合わせをいただくこともちらほらと。。実物をご覧いただくことも出来ないのにお問い合わせいただき、本当に有り難いです。
全て手作りのため、お時間がかかりますが、できる範囲で対応させていただいています。

洋の空間や食卓でも愉しんでいただける水引飾り、お正月のお支度にお手にとっていただけたら嬉しく思います。



最後までお読み頂きありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村★Instagram  →☆
関連記事
2018-12-11 | Trackback(0) | 包む・結ぶ

お正月の水引@阪急うめだ本店

二十四節気は小雪になりました。
雪がちらつき始める頃。
風の冷たさに冬の訪れを感じますね。

街はイルミネーションで華やかに賑わっているようですが、
最近は、夜な夜な水引制作活動に勤しむ日々を過ごしています。

今月上旬から阪急うめだ本店で販売していただいているお正月の水引商品。
毎週、少しずつアイテムを加えています。


今週納品した「水引餅花ピック」
水引餅花ピックwanokoto

お正月の餅花をイメージした紅白の玉結びのピックです。
お節料理に、またホームパーティーに気軽に使っていただけます。

餅花は小正月に豊作を祈って飾られる正月飾り。柳などの木に、小さく切って色をつけた餅やお団子を刺して飾ります。小さな花が咲いたような餅花はとても華やか。
お正月に忙しく働いた女性達がホッと一息つける小正月は、女正月や花正月とも言われます。
女正月のギャザリングパーティーにも、ぜひ活用していただけたら嬉しいなぁ・・と、せっせ、せっせと、ひたすら玉結びを作りながら、パーティーテーブルを想像して楽しんでいました♡

水引餅花ピックwanokoto2
洋風のお料理にも水引アイテムを少し加えるだけでお正月の雰囲気に。
もちろんお正月以外にも、紅白の水引はお祝いの食卓にも華やぎを添えてくれます。



21日に発刊された阪急うめだ本店7階リビング用品売り場の小冊子にも掲載していただきました。

阪急うめだ本店新年お仕度帳

「新年のお支度帳」
大皿におせち料理を盛り付ける“ワンプレートおせち”にぴったりの素敵な器、少人数向けや和洋・季節を問わずに使える重箱やお正月飾りなどがたくさん掲載されています。


猪のお箸置き
阪急うめだ本店新年お仕度帳2

勢いよく突進している猪くんに見えるかな?笑

鼻の部分を引っ張り抜くと、松結びのお箸置きにもなります。
再来年以降も、そしてお正月以外にもお愉しみいただけます。
(猪4個と梅の箸置きが1個の5個セットになります)


こちらはボトル飾り。
阪急うめだ本店新年お仕度帳4

日本酒だけでなく、ワインにも。
水引のお飾りを添えるだけで凛と華やかに。お正月気分が盛り上がりますよ〜♪

阪急うめだ本店 7階リビングフロア キッチン&ダイニング お正月用品売り場にて。
年内中販売予定です。

クリスマス気分も高まる頃ですが、うめだ阪急さんには素敵なお正月商品もたくさん揃っています。
お正月のお気に入りを見つけに、ぜひお立ち寄りくださいませ。

朝晩はグッと冷え込んできました。
皆さま、どうぞお身体冷やさないように、気をつけてお過ごしください。



最後までお読み頂きありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村★Instagram  →☆
関連記事
2018-11-23 | Trackback(0) | 包む・結ぶ

お正月の水引制作中

秋も深まってきました。
お出掛け日和の良いお天気が続いていますね。皆さん、秋を満喫されていますか?

紅葉狩りに行きたい気持ちを抑えつつ、今はお正月の水引商品の制作に追われる日々を過ごしています。夏に七夕の商品を販売させていただいたご縁で、今回は、お正月に愉しんでいただける水引商品を阪急百貨店さまで販売していただけることになりました。

ザ・お正月ではなくて、ワインなどにも合うボトル飾りや、お箸置きetc・・・
せっせ、せっせと、絶賛内職中!!

まだ制作中の写真ですが・・・

ボトル飾りに。

正月水引制作wanokoto2



こちらはお箸置きに。

正月水引制作wanokoto

「干支の猪モチーフのもの、何かできますか?」のお題!?をいただき、あーだこーだと試作をしまくり箸置きで作ることに。色合いは猪くんっぽいでしょ!



箸置きは箱入りのセット販売です。
猪くんと一緒に梅結びのお箸置きも

正月水引制作wanokoto3




制作時間を確保するのはなかなか難しく、夜な夜な作業をしています。
商品として作るので、全てが同じクオリティーに。仕上げの丁寧さはもちろん、サイズもぴったり同じに。当たり前のことですが、これがなかなか難しい。
緊張感のある商品作りの作業は、私にとっては、手際よく、そして同じクオリティーで美しく作るための訓練になっています。有り難い経験。大好きな水引と戯れるのは楽しい時間です♡


明日11月7日(水)から、 阪急うめだ本店7階 キッチン&ダイニング お正月コーナーにて販売開始です。
【訂正】
 11月10日(土)より、販売開始となりました。


ボトル飾りや箸置きの他にも、順次アイテムを増やす予定です。

そろそろお正月用品も気になり始める頃ですね。
年内中は販売しておりますので、梅田へお出掛けの際には、ぜひお立ち寄りくださいませ。



最後までお読み頂きありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村★Instagram  →☆
関連記事
2018-11-06 | Trackback(0) | 包む・結ぶ

有職造花"雲上流”展へ

有職造花雲上流展2

気持ち良い秋晴れの日に、京都へ女子会遠足へ出掛けました。
美味しいランチと日本文化を愉しみに。

上賀茂の素敵なお店でゆっくりランチを楽しんだ後、左京区の蹴上で開催の「有職造花の秀逸"雲上流”展」へ

有職造花って?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、昔ながらの雛飾りに添えられている桜橘と言えば思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。京都御所での宮中行事を飾り発展してきた絹の造花です。

有職造花雲上流展

手染めの絹に和紙で裏打ちし、刃物で花弁や葉の形に切り取り、その一枚一枚に丁寧にコテをあて立体的なパーツを作ります。それらを組み合わせてできた美しい花や蕾を枝につけて仕上げます。
本物の花かと思うほどに、いや、それ以上に生き生きとした表情の花々に見入ってしまいました。

雲上流十三世 村上登志一さんは、江戸時代の雲上流造花の開祖 華林伊左衛門の唯一無二の伝承者、89歳の今も奥様とともに制作活動を続けていらっしゃいます。

展示の中でも印象的だったのは、端午の節供に邪気払いとして掛けられる薬玉。

麝香、沈香、丁子などの香料を袋に詰め玉にしたものを花で装飾し、蓬や菖蒲のさがりをつけ、五色の糸を垂らした飾りです。
家の柱や鴨居などに吊り下げて、九月九日重陽の節句に茱萸袋と交換します。

この薬玉に「真」「行」「草」があることを初めて知りました。

真の薬玉
有職造花雲上流展2
真ん中の丸いのが薬の入った玉です。
周りには紅白のサツキの花。蓬と菖蒲の葉を付け、五色の糸を長く垂らしています。


行の薬玉
有職造花雲上流展3
すっきりとした真の薬玉に比べると随分と華やかです。
季節限定のサツキではなく四季色とりどりの花が添えられています。

草の薬玉
有職造花雲上流展4
まん丸の球形に。球の中に薬玉が入っています。

そして、重陽の節供の日に、こちらの茱萸袋へ交換します。
有職造花雲上流展5
次の端午の節供にはまた新しい薬玉へ。
昔は、交換するたびに毎年新しいものを作っていたそうです。


五節供の飾りなども展示されていました。
こちらは端午の節供の床の間飾り
有職造花雲上流展6


五節供の羽子板飾り
有職造花雲上流展7

発起人の方が熱心に解説をしてくださり、大変勉強になりました。

繊細でありながら生命力に溢れた花々、この小さな花弁一つ一つを丹精込めて手作りされていると思うと気が遠くなるような作業。よく見ると枝の一本一本にも絹糸が巻き付けられています。
中国から伝わった薬玉に花を装飾し美しい飾りとして発展させた日本人の美意識に改めて感心するとともに、この技をぜひ次の世代にも繋いでいただけたら、と切に願うばかりです。

縁側では、野点をされていました。
有職造花雲上流展8

時間が遅かったのでお茶はいただけずお話だけでしたが、金沢の釜師14代宮崎寒雉さんの釜や、その弟さんで彫刻家、野点をなさっていた賀世子さんの旦那様の作られたテーブルや椅子、見立てのお道具の話で盛り上がり、気がつけば日も暮れて。

気のおけない友人との一日。心が豊かになる充実した時間を一緒に過ごせたことに感謝。

秋も深まってきましたね。
皆様も素敵な秋のシーズンをお過ごしください。



最後までお読み頂きありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村★Instagram  →☆
関連記事
2018-10-21 | Trackback(0) | 和文化

秋色の水引ナプキンリング

水引レッスン20180928_3

レールドゥリヤン芦屋での秋の水引レッスン
秋晴れの気持ち良い一日でした。

今回は午前、午後の2部制で開催、
少人数でゆったりとのんびりと、水引を愉しんでいただきました。
今回は私も皆さんと一緒にテーブルに座って。

水引レッスン20180928

秋色の水引で作るナプキンリング
水引の配色とパーツの組み合わせを考えるのは楽しい時間♡
ゆっくりと時間をかけて。

水引の並び順を変えるだけでも違った雰囲気に。
同じ結びでもパーツとの組み合わせ、結びの大きさでガラリとイメージが変わります。


ご参加の皆さまの作品です。
こっくりとした秋色にハロウィンカラー、緩めに結ぶとエレガントな雰囲気に

水引レッスン20180928_2


連続あわじ結びにするとまた雰囲気が変わって。
落ち着いた秋色とパープルが効いたシノワズリ、どれも素敵です♪

水引レッスン20180928_4


ワークの後はマダムが淹れてくださったお茶でほっと一息。
虎屋の栗蒸し羊羹をたっぷりと。秋を満喫しました!
ナプキンリングにタッセルをつけて。

水引レッスン20180928_3

窓から見える山の緑と、川のせせらぎをBGMに、
和やかにおしゃべりをしながら、時には結びに集中して。
サロンに心地よい風が流れました。

ご参加くださいました皆さま、有難うございました。
次回もお目にかかれるのを楽しみにお待ちしております♡

日本伝統の水引を、日々の暮らしの中で気軽に愉しむレッスンです。
心地の良いサロンで日常をリフレッシュするひととき、ご一緒にいかがですか?

次回の開催は、11月26日(月) 10:15〜 / 13:30〜
お正月に愉しんで頂ける水引アイテムを考えています♪

お問い合わせはこちらのメールアドレスへ → ★★ 
お気軽にご連絡ください。



最後までお読み頂きありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村★Instagram  →☆
関連記事
2018-10-08 | Trackback(0) | 包む・結ぶ

プロフィール

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

検索フォーム