女正月に餅花ナプキン飾り

1月15日は小正月。
正月仕事に忙しかった女性達が、年賀行事が一段落したこの頃に一息ついたことから「女正月」とも言われます。

小正月には、豊作祈願や農作物の吉凶を占う粥占、無病息災を祈る祓えの行事などが各地で行われます。豊作祈願のための餅花飾りもその一つ。柳の枝などに餅や団子をさして飾り付けます。餅片を稲の藁につけた「稲穂」、米の粉などを丸めて枝につけた「繭玉」などを作る地域も。どれも豊作の様子を予め作り祝い、その成果を願う予祝儀礼です。

DropShadow ~ 121101_mochibana
 ※画像は八つ橋で有名な本家西尾八ッ橋様からお借りしました。
紅白の餅花が垂れ下がった様子は、また一段と華やかで可愛らしいですね。

昨年、阪急百貨店で開催された「テーブルクリエーション」イベントでは女正月をテーマにテーブル展示をさせていただきました。そこでは餅花を飾る代わりに、ナプキンに小さな小さな餅花に見立てた水引飾りを付けました。

DropShadow ~ sPB031604 2

実は、イベント中にこのナプキン飾りを注文してくださった方がいらっしゃいました。
イベントの後にも。ブログを見てご注文いただき…。嬉しかったです。

小さな飾りですが、心を込めて包みました。
今年のお正月に愉しんでいただけたかなぁ。
DropShadow ~ PB261699 2


女正月に餅花を飾って、豊作祈願。
実り多き一年に、たくさんの花咲く一年になりますように…。



最後までお読み頂きありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
関連記事
2015-01-13 | Trackback(0) | 年中行事

プロフィール

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

検索フォーム