お正月迎えの和包み

いよいよ今年もあと数時間となりました。
皆さまも大晦日の夜をご家族揃ってお過ごしのことと思います。

先週、旧木下家住宅にて今年最後の和包み講座を開催いたしました。

冬の前庭を眺めながら、広縁のある中室で座卓を囲み
DropShadow ~ PC233713


お正月迎えの和包み、今回は水引細工でお正月のテーブルやポチ袋などにも使っていただける松竹梅を作っていただきました。DropShadow ~ PC253730
久しぶりの水引だったので3種類のモチーフを仕上げていただこうと欲張ってしまいましたが、短い時間の中で、皆さま頑張って仕上げてお持ち帰りいただきました。

一つずつはとても小さいので、折敷の上に置いたり、祝い箸袋に添えたり、お年玉袋につけても可愛いかも。ご参加いただいた方から、後日「お正月の飾りに仕立てました!」とお写真を見せていただきました。ミニサイズの色紙3枚に松竹梅を取り付けて、長方形の額に飾り壁掛けに。素敵なアイディアをありがとうございました!
皆さまそれぞれの迎春の食卓に添えていただけましたら嬉しく思います。
今年一年、毎回欠かさずご参加いただきました皆さまや初めてご縁をいただきました皆さま、たくさんの出会いに感謝申し上げます。

DropShadow ~ PC233716

箸袋やお年玉袋も気持ちを込めて手作り。
個人的には年末ギリギリまで慌ただしく、お正月を迎える実感も全く湧いていませんでしたが、心静かに白い和紙を折りながら、水引をかけながら、ようやく気持ちも整ってきました。

今年1年間、ブログに訪れてくださった皆さま、本当に本当にありがとうございました。
更新もまめに出来ない拙いブログですが、「ブログ見てるよ!」の温かいお言葉に励まされ、なんとか今年も1年間続けることが出来ました。

暮れゆく2015年の最後に
心からの感謝の気持ちを込めて。

皆さま、どうぞ良いお年をお迎えください。


ふちもと ゆうこ


最後までお読み頂きありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
関連記事
2015-12-31 | Trackback(0) | 包む・結ぶ

プロフィール

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

検索フォーム