桜のナプキンリング

先週末はお花見日和でしたね。
今年は花見には行けませんでしたが、桜がたくさん見える場所で過ごす時間が長く、例年以上に桜の花をじっくりと眺めることが出来ました。

週が明けてからは桜吹雪もちらほらと。
少し寂しい気もしますが、散りゆく姿もなお美しく感じます。

少し前になりますが、Sabstyle 中野楊子先生の桜色を楽しむコラボレッスンで
桜のナプキンリングをご紹介しました。

DropShadow ~ 桜結び2

日本に古くから伝わる飾り結びです。花結びとも言われ、一本の紐から花や蝶、紋などの形を結びます。

この桜は茶入れ袋(仕覆)を結ぶ「封印結び」の一つ。
戦国時代の茶人たちは、主君がお茶に毒を盛られ毒殺されることのないよう、自分にしかできない仕覆の結びをしお茶を守りました。つまり結びが鍵の役割を果たしていたのです。

優美な形で目を愉しませつつ、「解くと元には戻せませんよ」と鍵の存在を示す。
日本人の美意識の高さと手業の器用さに感心するばかりです。

このナプキンリングは仕覆に通す部分をナプキンに回しかけています。
花びらの形の整え方で、梅や桔梗にも。
濃淡お好きな桜色で完成していただきました。
DropShadow ~ IMG_3967

結びのレッスンの後には、お楽しみの楊子先生の手作りランチ!
華やかな春色のテーブルコーディネートで。
DropShadow ~ IMG_3962

お料理はすぐにお家でも実践できるアイディアが満載。
オリジナルの桜色のお重でお花見デザートをいただきました。
DropShadow ~ IMG_3978

サロンのお部屋で桜を愛でながらの楽しいひと時でした。

ご参加いただきました皆さま、楊子先生、ありがとうございました。
また「和」を愉しむ機会をご一緒できれば嬉しく思います。


風に舞う花びらを眺めながら、名残の桜を愉しみたいですね。



-------◆募集中セミナーのご案内◆----------

『菖蒲の節供を愉しむテーブルコーディネート』

◆日時:2016年4月22日(金) 11:00~13:00
◆会場:黒壁30號館 長浜アートセンター 1階
             滋賀県長浜市元浜町8-22
◆参加料:4,000円 ( 3500円+材料費500円 )
◆定員:30名
ご参加申し込み・お問い合わせはこちらへ → ★★
アール・ド・ヴィーヴル アミューゼ事務局 ( TEL/FAX 0749-62-6800 )

※お申込み締切は開催日の一週間前(4月15日)となっております。お申込み頂けます場合はどうそお早めに~♡
-------------------------------------------------


最後までお読み頂きありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
関連記事
2016-04-05 | Trackback(0) | 包む・結ぶ

プロフィール

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

検索フォーム