テーブルコーディネートと色のこと

梅雨らしい雨の一日でした。

先日、丸山洋子テーブルクリエーション テーブルコーディネーター養成講座
ベーシックコースの色彩の講義を担当させていただきました。

私自身も10年前にスクールの門を叩いてから、毎月通うたびにテーブルに魅せられワクワクしながら受講したことを覚えています。テーブルコーディネートのことを様々な切り口から学ばせてもらった2年間。自分ではたくさんのことを頭に詰め込んだつもり…でした。
・・・が、いやいや!実はそこからが本当の学びの始まりで・・・(笑)
テーブルコーディネートは本当に奥が深い!!!

今思えば、受講中は色んな切り口でさらなる学びのきっかけ、入り口を見せてもらったんだと思います。気が多いのであれもこれも学びたいことはたくさんあるけれど、私にとっての入り口の一つは日本文化。食卓を通じて和の文化に惹かれ、今でも学びを重ねる日々が続いています。

そしてもう一つは「色」
昔から色は好きでしたが、テーブルコーディネートをすればするほど、上手になりたいと思えば思うほど「色」の大切さを痛感しています。アイテム選びや全体のバランスももちろん大事ですが、どんな色を選び、どんなバランスで組み合わせるかはテーブルコーディネートの最も大切な要素の一つ。感覚的になんとなくではなく、意味を持って色を使いこなせたら…。自分の好みに偏ることもなく得手不得手に関係なく、どんなイメージのテーブルでもコーディネート出来たらどんなに楽しいでしょう。
私もまだまだ学びの途中ですが、色は奥が深くて本当に面白いです。

色彩関連の本を手に取るとつい買ってしまい、パラパラと眺めては愉しんでいます。
和の色の本も増えてきました。
DropShadow ~ sP6184603 2

日本には四季が有りますが、季節が変わるたびに今の色は何色だろう・・・と考えることがあります。ブログでも時々色をテーマに書いていますが、それはふとそんなことを思いついた時。

今日の気分は、梅雨時の空の色にも紫陽花の色にも合いそうな藍色から赤紫。
少し前に、こんなぴったりな素敵なグラスをいただきました。

DropShadow ~ sP6194609 2

琉球ガラスのタンブラー。深い藍色から淡い紫へのグラデーションが綺麗。
毎日使わせていただいています。

下に敷いた和紙も、紫陽花のような淡い紫色。
DropShadow ~ sP6184591 2


こんな色合いで梅雨の季節の食卓をコーディネートしたなら…。
頭の中に幾つかの色相やトーンがグルグル回っています(笑)

雨の日は、お家の中でこんなことを考えるのもまた楽しい時間ですね。



最後までお読み頂きありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
関連記事

プロフィール

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

検索フォーム