世界文化遺産 斎場御嶽(せーふぁうたき)を訪ねて

数年ぶりに沖縄を訪ねました。
今回の旅のテーマは"癒し"

旅の目的を知った友達が、「じゃあ、ここを訪ねてみたら?」と教えてくれたのが
『斎場御嶽(せーふぁうたき)』
2000年に世界文化遺産に登録された「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の一つ。
恥ずかしながら知りませんでしたが興味深い場所、ぜひ訪ねてみることにしました。

DropShadow ~ sIMG_4290 2
「御嶽」とは南西諸島に広く分布している「聖なる地」祈りの場所。斎場御嶽は、琉球王朝時代に祭事が行われてきた御嶽の中でも最も格式の高い祈りの場所でした。もともとは男子禁制で、琉球国王でさえ聖域に入る際には女性の装いに変えて入られたとか。

今でも全く手をつけられることなく大切に守られているその聖地に足を踏み込むと、
琉球王朝時代の人々と同じ空気を吸っている気がします。

ガイドさんのお話で印象に残ったのは、「内地ではお寺や神社には立派な鳥居や建物があるけれど、ここでは人間が造ったものではなく、自然の大きな森、大きな岩などが祈りの場所となっている」ということ。確かに立派な建造物は一つもないけれど、自然の偉大な力を感じる岩肌そのままを生かした祈りの空間があり、南国の陽射しが柔らかく感じるほどうっそうと木々が生い茂っていました。
自然の中に自分が生かされていることを肌で感じることができます。
DropShadow ~ sIMG_4333 2

琉球王朝時代、国家的な祭事を執り行う時には、「神の島」と呼ばれる九高島から聖なる白砂を運び敷き詰めていたとか。ここで行われていた最大の神事は聞得大君(きこえおおぎみ)の就任の儀式。聞得大君は、琉球王朝の最高権力者である国王と対等の立場で国を霊的に守護する役目として崇められた存在で、国王の姉妹や王妃など王族の女性が国王に任命され、神事を司っていました。
真夜中12時頃、月明かりに照らされながら始まる神聖な儀式を終えると、その女性は神と同格になると言われていたそうです。
儀式のお話は私の口からはとても上手に伝えられそうにありませんが、斎場御嶽を紹介するこちらの動画に様子が少しだけ描かれているので、よろしけばご覧ください。 →★★

この動画はダイジェスト版ですが、現地の駐車場にもなっている「がんじゅう駅」という道の駅の体験施設にある小部屋で本編が流されていて、儀式の様子を全部観ることができます。その隣に建っているお土産屋さんはたくさんの人で溢れかえっているのに、この施設には人っ子一人居なくて貸切で映像を見ることができました。これは観なきゃもったいない!

入って最初の拝所「大庫理(うふぐーい)」
DropShadow ~ sIMG_4294 2
祭事の時にはこの石畳に白砂が敷き詰められていたそう。


次の拝所は「寄満(ゆいんち)」
DropShadow ~ sIMG_4301 2


こちらは「シキヨダユルとアマダユルの壺」
DropShadow ~ sIMG_4308 2
上の二本の鐘乳石から滴り落ちる聖なる水を受け止める二つの壺が据え置かれています。


そして一番奥にある拝所が「三庫理(さんぐーい)」
二つの大きな鐘乳石でできた三角形の空間の奥にあります。
DropShadow ~ sIMG_4314 2
武田鉄矢さんではないけれど(笑)本当に「人」という字のように支え合っていますね。


DropShadow ~ sIMG_4316 2
この空間を抜けると、左手に神の島「久高島」を望むことができます。
DropShadow ~ sIMG_4319 2


パワースポットとしてもとても人気がある斎場御嶽。
心鎮めて風や光を五感で感じながら、ゆっくり歩いてみたい場所です。

沖縄へ行かれることがあれば、ぜひ訪ねてみてはいかがでしょう。



最後までお読み頂きありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
関連記事
2016-07-17 | Trackback(0) | 和文化

プロフィール

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

検索フォーム