和包み講座〜寿ぎを包む〜開催します

「立春」になりました。
二十四節気で一番最初の節気。いよいよ暦の上では春ですね。
そして旧暦の二月八日は農耕行事などの人の営みが始まる「事始め」だそうです。
今年の目標をまだ立てていない方!まだ間に合いますよ〜(笑)
心新たに、何かを始めるのもいいかもしれませんね。


さて、今年最初の和包み講座のご案内です。

「 和包み講座 〜寿ぎを包む〜 」

DropShadow ~ sP2055906

「婚礼の祝い包み」
今は、慶び事があるとお店に祝儀袋を買いに行きますが、昔は自分の手で包んでいました。
白い和紙を広げ、相手のことを想いながら一折り一折り丁寧に、気持ちを込めて包みます。包んでいるその時間も相手さまへの贈りものです。

.................................................................................
「和包み講座 〜寿ぎを包む〜」

◆日時:2017年3月25日(土)13:30~15:00
◆会場:神戸舞子公園内 旧木下家住宅
◆参加費:2,500円(材料費、お茶菓子代込み、入館料別100円 )
◆定員:12名
.................................................................................

問い合わせ、お申し込み
   旧木下家住宅  Tel:078-787−2050 
   開館時間 午前10時~午後4時(月曜休館) 


DropShadow ~ sP2055899

包みの和紙は一見しぼのある檀紙にも見えますが、違います。
今回は少し光沢感のある和紙と明るい色目の金銀水引を使ってアレンジ。
真っ白い和紙で包むのは基本ですが、親しいお友達や身内であれば、贈る相手の好みに合わせてアレンジしたカジュアルな包みも有りだと思います。

水引はあわじ結び。関西方面では婚礼だけでなく一般的お祝い事にも使われますが、今回は全国的に使われる一般的なお祝いの結びも合わせてご紹介します。

お祝いの包み。既成のものではなく、自分でさっと包めたら素敵ですね。

皆さまのご参加をお待ちしています。


最後までお読み頂きありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村
関連記事
2017-02-05 | Trackback(0) | お知らせ

プロフィール

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

検索フォーム