涼しげな青で涼をとる

青の花器
梅雨明けを待たずにここ数日、急激に暑くなりましたね。
真夏日が続いていますが、皆さま体調崩されていませんか?

二十四節気は『小暑」
梅雨が明け、本格的な夏がやって来る頃。

夏のご挨拶は、小暑の頃からとも、梅雨が明けてからとも、また土用の頃から、、とも言われますが、「暑くなったねー、お身体気をつけてね」と伝えたくなった頃がご挨拶時かなとも思います。ということで、
皆さま、暑中お見舞い申し上げます!

梅雨が明けると、更に猛暑がやって来ますので、体調管理しながら乗り切りたいですね。

暑い日にはどうしてもエアコンのリモコンをすぐ手にとってしまいますが、
目や耳など五感で涼をとる、日本ならではの工夫も愉しみましょう。

蓮のふろしき2

この季節になると広げたくなる蓮の風呂敷。
ふろしきバックにして持ち歩くのも素敵ですが、壁に掛けて愉しんでいます。この色を見ると涼しい風がヒュゥ〜っと吹いてくるように感じます。

夏の季節、早朝に花を咲かせ夕方には閉じ、4日目には散ってしまう高貴な花。美しさと気高い薫りに魅了されて江戸時代には「蓮見」といって、蓮見舟を出し早朝に花を観賞する行事もあったのだとか。風流ですね。



こちらはブルーの爽やかな花器にグリーンを挿して。

青の花器

ワタクシの好きそうなイメージだったから、とプレゼントでいただいたもの。
形も色も本当に好みで、お気に入りです♡

『五感で涼をとる』は繊細な感性豊かな日本人のお得意分野。
涼しげなしつらえをして、目や耳で涼を感じれば体感温度も下がります。

これから始まる暑い暑い夏も、『涼をとる』工夫を愉しみながらエコロジーに、健康的に過ごしたいですね。




最後までお読み頂きありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ
にほんブログ村★Instagram  →☆
関連記事
2017-07-17 | Trackback(0) | 和文化

プロフィール

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

検索フォーム